ホーム > とんがり・わたしのまち通信 > 【とんがり・わたしのまち通信】vol.16夢を応援する人、される人

【とんがり・わたしのまち通信】vol.16夢を応援する人、される人

【とんがり・わたしのまち通信】

えりも岬とんがりロード観光協議会と北海道カメラ女子の会は2019年度から地域の魅力発信プロジェクトとして、
浦河町・様似町・えりも町・広尾町・四町の魅力を等身大の言葉と写真で発信しています。

地元のカメラ女子で結成した「チームとんがり」

四町在住の23名の女性が、自分の住む町を再発見しながら、写真を撮り続けています。
そんなチームとんがりのメンバーが「とんがり・わたしのまち通信」をリレー形式でお送りします。

10回目からは、メンバーがみなさんにおすすめしたい「人・モノ・こと」をご紹介します。

vol.16 浦河町
夢を応援する人、される人

■1つ目の『運命の出会い』そして浦河へ

ベトナム出身のダットさん。
十数年前技能実習生として広島県の会社にきました。

時を同じくして、浦河町にある映画館「大黒座」の娘さんが、
尾道を舞台にした映画を数々作った大林監督のふるさと広島で大学生活を送り、ダットさんと同じ会社に就職。

そして二人は出会い結婚。
その後、彼らは浦河町にUターンし家族4人で暮らしています。

■2つ目の『運命の出会い』そして「ぱんぱかぱん」へ

ダットさんはお店を持った経験はないのですが、料理が得意で、ベトナム料理のお店を持ちたいという夢があります。
少しでもお役に立てたらと思い、私が営むパン屋「ぱんぱかぱん」のスタッフとして招きました。

その後SNSで告知しながら何度かベトナムサンドの販売を行っていますが、大変好評です。
ダットさんのファンも多く、来店したお客さんとお話しする機会も増えました。
いずれ当店を離れ、ダットさんが浦河町でお店を開業する日も近いのかなと思っています。

近頃、大黒座では、ベトナム人の技能実習生やミャンマー人の家族の物語を題材にした映画の上映が続いています。ぱんぱかぱんにいる私たちは日本の移民問題をより身近に感じながら鑑賞しています。

Spot Information

・ぱんぱかぱん
 場所:〒057-0033 北海道浦河郡浦河町堺町東1丁目1-1
 TEL:0146-22-4595
 URL:https://www.facebook.com/panpakapan0/
・大黒座
 場所:〒057-0013 北海道浦河郡浦河町大通2丁目18
 URL:https://www.daikokuza.com/

サイトなど

■浦河町HP
https://www.town.urakawa.hokkaido.jp/chousei/urakawa-character.html

写真・文章担当

あけさん(浦河町/チームとんがり)

浦河町は町の中心に、港・商店街・図書館・大黒座・カフェ・レストランとコンパクトで便利な町です。
この町で生まれ当たり前のように映画館で映画を見て育ちました。
映画の灯は、文化の心地いい明りを灯し続けています。
映画が大好きなパン職人です。

今期の「とんがり・わたしのまち通信」は最終回となります。
これからも、色んな形で地元の魅力を発信予定。お楽しみに。

GoogleMapでも「とんがり・わたしのまち通信」として位置情報公開中!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
これまでの記事は下記リンクからご覧いただけますので、ぜひ覗いてみてくださいね!
まとめてご覧いただくのはコチラ

【オンライン版】そらちワーケーションガイド

【オンライン版】そらちワーケーションガイド

チームとんがりの新連載!

チームとんがりの新連載!

チームそらちの好評連載

チームそらちの好評連載

とんがり美味しいもの通信

とんがり美味しいもの通信

インスタグラム

Instagram

PageTop